スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MIND'S EYE - "A Gentleman's Hurricane"

MIND’S EYE - スウェーデンの3人組の5thAlbum。MIND'S EYEのアルバムは2ndAlbumから聴いているが、いつも退屈なアルバムだった。どのアルバムも1~2曲は良い曲があるのだが、たいていは殆ど印象に残ることなくタンスの肥しと化すのだった。前作から1年という、未だかつて無いほど短い間隔でのリリースなだけに、今回も大して期待はしていなかったのだ。実際、今回は購入をためらうような気持ちもあった。しかし惰性とでも言おうか、これまでの長い付き合いもあって結局購入してしまったのである。ところが、そんな期待薄な状況を尻目に、彼らは大きな変貌を遂げていたのだ。

明らかにこれまでの彼らと違っている。まず音圧が違う。より一層ラウドに、ヘヴィメタリックになった音像。この音圧のお陰で、あれよあれよと言う間にアルバム全曲を聴き終えてしまう。こんなことはこれまでのMIND'S EYEにはなかった経験である。相変わらずのコンセプトアルバムなのだが、意外にも今回は各曲の違いが判るほど曲のキャラが立っている。これまでのアルバムでは、何だか似たような曲が並んでいたというような印象しかなかったのだが、もはやその常識も通用しなくなってしまうほどの充実ぶりである。いったい彼らに何が起こったのか。

オープニングの1曲目の後、2曲目"Seven Days"でいきなりニューMIND'S EYEが炸裂する。重いGリフは彼らが一気にメタル方向へ舵を切ったことの証である。飛び交うKeyと重量感溢れるドタドタDsも新生感を強くさせる。キャッチーなコーラスとシンフォニックなKeyは相変わらずだが、この重く狭い音像の中で聴くと一味違って聴こえてしまう。3曲目"Assassination"も立派なメロディックHMナンバー。いいぞいいぞ。こんなグイグイくるような曲がこれまでのアルバムにあっただろうか。本当に解りやすくキャッチーになった。憑き物が落ちたような感じさえしてしまうほどだ。4曲目"Chaos Unleashed"もGリフとDsの重量感が印象的なナンバー。これまでのアルバムのようにヒネり過ぎることも無い。5曲目"Hell's Invitation"も歌メロに適度な哀愁が載ってイイ感じ。6曲目"Feed My Revolver"はPVも制作された、新生MIND'S EYEを象徴する曲。イントロからグルーヴ感溢れるGリフが全開で突進する。今までMIND'S EYEがこんなグルーヴ感を醸し出すなんて想像すら出来なかった。これじゃまるで今どきのメタルバンドじゃないか。本当に聴き応えのある曲である。7曲目"Ashes to Ashes (In Land Lullaby)"もノリのよいイントロから、うねるようなGリフ全開の歌メロが繰り出されてゆく。Gソロ部分は普通にHMしているのが面白い。8曲目"The Hour of Need"は女性Voも登場するバラード小曲。9曲目"Red Winter Sirens"は2,3曲目と同様のメロディックHMナンバー。たとえHM化しても彼らならではの斜に構えたメロディーは健在である。10曲目"Skin Crawl"は幾分ダークな感じの曲。11曲目"Graveyard Hands"はどことなくMAGNUMを想起させるような、クラシカルな哀愁HRナンバー。こんな何のヒネリもないストレートな曲をMIND'S EYEが演るなんてあまりピンとこないが、なかなかどうして良い曲じゃないか。個人的にはこのアルバムで最も気に入った曲だ。12曲目"Say Goodnight"はサビの歌メロが印象的。こういった歌謡メタル的な曲にこのVoは最適。13曲目"Pandora's Musical Box"は11分弱の大曲。ラストだろうがお構いなしにヘヴィなGリフとドタドタDsが活躍する。キャッチーな歌メロに変化に富んだ展開。しかしサビの歌メロは何度となく登場して曲の一貫性を高めている。

このアルバムを聴く前にCANNATAやAMARAN'S PLIGHTといった米国産ならではの強力なメロディーに浸ってしまっていたせいか、彼らのメロディーが依然として淡白なものに聴こえてしまうのは致し方ないことなのかもしれない。演奏力や構成力はもはや文句をつけようのないほどのレベルにまで到達してしまっている。プロダクションも最高レベルである。しかし、メロディー的にはまだまだ最高レベルにまでは程遠いように思える。それでも、かつての彼らから見れば飛躍的に進歩したのが判った。確実に糸口は掴んだはずである。今後はメロディーの質をいかに高めてゆくか、その一点のみがカギを握っている。

Mellow Music MMCD-0005 (2007)


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://maruy.blog79.fc2.com/tb.php/60-d602c94d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

maruy

Author:maruy

■ Progressive Metalを中心に、HR/HM周辺からProgressive Rockまでを扱います。基本的に聴いて良かった作品しか取り上げませんが、中には残念な結果を記してしまったのもあります。デス声が苦手なため、Death Metal方面の音楽は取り扱いませんので悪しからず。皆様の音楽探究の一助となれば幸いです。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。